金利も比べよう

24時間取引可能な消費者金融であることは非常に便利ですが、このような仕組みになっている消費者金融の中で、どこに契約の申し込みをおこなうのか決めるにあたっては、各社の金利の比較も忘れずにしましょう。たとえば300,000円を借りた場合、無利息期間中の完済を除けば、基本的300,000円の元金のみ返済すれば良いわけではありません。毎月する通常の返済では何日に最低何円という形での契約ですが、この最低何円の内訳は元金のほかに利息が含まれており、高金利であるほど利息の負担は大きくなります。そのため、各社の金利を比べて、その中で低く設定されていることを選択するのは、利息の負担を軽くするためには欠かせません。

チェック各社公式のWebサイトなどをチェックしてみると、4.5~17.8%などと金利が何%なのかの情報が掲載されています。この場合、4.5%は最低金利、17.8%は最高金利なわけですが、初回の契約で少額の借入の場合には、最高金利での契約になるのが一般的です。したがって、自分が契約の申し込みをおこなう消費者金融のうち、低金利のところを利用したいと希望するのであれば、最高金利が低く設定されているところを候補にしたほうが、契約し、借入後の返済における利息の負担を軽くすることができるでしょう。

はやく完済するコツ

Pocket

Comments are closed.